Windows Server 2008 R2 へのインプレース アップグレード方法

2009/10/16
★★★
最近、Windows Server 2008 R2 がリリースされた。Windows Server 2003 から、Windows Server 2003 R2 のアップグレード では、積極的にアップグレードをするような更新は含まれていなかった。これは個人的にな見解だが、比較的メジャーな機能 ではなく、マイナーなコンポーネントの追加、更新であったと認識している。
今回の Windows Server 2008 から、Windows Server 2008 R2 へのアップグレードも Windows Server 2003 の時と同じではな いかとの先入観より、積極的に評価を実施していなかった。しかし、Windows Server 2008 R2 のスペックを見ると、Hyper-V が、Hyper-V 2.0 にアップグレードされるとのこと。筆者の利用している評価環境では、Windows Server 2008 上に評価用の 複数の仮想マシンを構築しているが、多少パフォーマンスに不満があった。今回のリリースでは、パフォーマンスの向上も含 まれているため Windows Server 2008 R2 へのインプレース アップグレードを実施することにした。Windows Server 2008 R2 の仮想化周辺テクノロジの概要については、以下のリンクより参照可。

サーバーとデスクトップ の仮想化


筆者の評価環境では、複数台の仮想マシンを Hyper-V で評価しているため、以下の KB を参考にし、アップグレードインスト ールを実行前に全ての仮想マシンをシャットダウンした。

Hyper-V を使用する Windows Server 2008 から Windows Server 2008 R2 へのアップグレードの方法について


インストーラーにより修正プログラムのオンラインチェックが促されるため、そのようにチェックを実施し、アップグレード に必要な修正プログラムをインストールした。筆者の評価環境では、定期的に Windows Update を実行し、月毎に重要な修正 プログラムをインストールしているためか、ここでインストールされた修正プログラムは、一つのみであった。
次に互換性のチェックが実行される。筆者の評価環境では、Windows Server 2008 のコンポーネントしかインストールしてい ないため、このチェックでは、問題は発見されなかった。Windows Server 2008 R2 の対応状況は、以下のリンクより参照可。

マイクロソフト製品の Windows Server 2008 R2 対応状況

他社製品の Windows Server 2008 R2 対応状況


次に新規インストールか、アップグレードするかを問われるので、もちろん、アップグレードオプションを選択する。後は、 アップグレードが完了するのを待つ。幾度かインストーラーより OS の再起動が実行される。
インストールが完了。UI が変わったことに少々驚く。と、いうのもやはり、Windows Server 2003 R2 の先入観があるからだ 。そして、Hyper-V マネージャーより仮想マシンを起動。問題なく起動できたことを確認。各仮想マシンのスナップショット を作成した。
評価対象としていたパフォーマンスについてだが、現状、あまり実感はない。今後、評価環境を利用してゆき、変化が確認で きたら、また別の記事を作成したい。